About MOONOON

「MOONOON」は、石井竜也によりデザインされたアイテムを扱うインターネットギャラリーショップです。

Gallery

【ギャラリー】に並ぶのは、
今まで石井竜也がデザインしてきたアイテムの数々。
羽やうずまき、フィンやHORNなど、石井が愛してやまないモチーフが
たおやかな曲線と溶け合うようにデザインされたアイテム達が、
まるで美術館に陳列されたアート作品のように一つ一つご覧いただけます。
アクセントに“T”のエンブレムをあしらった革小物「T-SERIES」
テーブルをチャーミングに彩る「TABLE WARE」
オブジェのような美しいボトルデザインが目を奪う「PERFUME」
人間がもつ心の羽を象った、本格的アクセサリーブランド「ANGELOOTS」
展覧会図録を中心に、石井竜也の人生そのものともいえる作品群を堪能できる「BOOK」
またFRPやブロンズを素材とした本格的な作品レプリカ「OBJET」
などのカテゴリーごとにご紹介しています。

Shop

現在ご購入が可能な石井竜也デザインアイテムをご覧いただけます。
期間を限定して、コンサートアイテムなども取り扱われます。
また新アイテムも定期的に発表していきますのでご期待ください。

~「MOONOON」のロゴマークについて~
満月、新月の夜にのみ咲くドラゴンフルーツの花をモチーフにしています。

石井竜也 写真
All Items Designed by TATUYA ISHII
Profile

1959年生まれ。'85年米米CLUBとしてデビュー。楽曲の作詞・作曲、ステージセット、コスチュームなど総合的にプロデュースする。多くのヒット曲をリリースするかたわら、映画監督としても活動の場を広げ、'94年『河童』'96年『ACRI』を公開。'97年の米米CLUB解散後('06年再始動)、ソロ活動開始。毎回テーマ性のある趣向を凝らした全国ツアー、アートパフォーマンス、オーケストラライブなどを展開する。音楽活動に加えて’98年「大阪HEP FIVE(商業ビル)」空間プロデュース、’05年には愛知万博「愛・地球博」レギュラープログラムの総合プロデューサーを務め、'08年には近代製鉄発祥150周年記念シンボルキャラクター“AIRA”を制作、さらに'02年からは愛と平和を願うアート・インスタレーション「GROUND ANGEL」を横浜('02~'04)、広島('05~'06)、東京('07-‘09)にて開催し、のべ90万人以上を動員する。またインダストリアル・デザイナーとしてもノートパソコン、携帯、アクセサリーや食器など様々なデザインを多く手がけるほか、作品制作にも積極的に取り組み、'94年「未来遺蹟展」'97年「空想美術館」'99年「昇展」'02年「NUDE」'06年「Venus White」といった作品展を、'08年には古来より伝わるダルマを用いて制作した不可思議でスピリチュアルなオブジェ“顔魂”を一堂に会した展覧会「顔魂~KAODAMA~」を、六本木・森アーツセンターギャラリー、奈良・薬師寺にて開催。'10年の秋にアーティスト活動25周年の節目を迎える。

www.T-STONE.com

Born in 1959. He made his first debut in '85 as “KOME KOME CLUB”, where he comprehensively produced music and lyrics of titles, theatrical design/stage sets, costumes and so on. While releasing many hit songs, he expanded his artistic repertoire to work as a film director, releasing “Kappa” in '94 and “ACRI” in '96. After KOME KOME CLUB disbanded in '97 (later reuniting in '06), he began his career as a solo artist. His ever-elaborate activities have been seemingly limitless, including national concert tours, art performances, live orchestral concerts and more. As well as musical activities, he space-produced “OSAKA HEP FIVE” (a commercial building), in '05 was producer of the regular show for the ‘Nature’s Wisdom’ Aichi World Expo, and in ’08, went on to produce the symbol character “AIRA” on the occasion of the 150th anniversary of the birthplace of the IRON & STEEL INDUSTRY, while since '02 he has held his “Love and Peace” project called “GROUND ANGEL”. This project was viewed by over nine hundred thousand people in Yokohama ('02-'04), Hiroshima ('05-'06), and Tokyo ('07-’09). In addition, as an industrial designer, he has designed many items such as a laptop computer, mobile phone, accessories, tableware and so on. He has also actively created many works of art, and held his own exhibitions, including “Mirai Iseki Ten (Future Ruins)” in '94, “Kuusou Bijutsukan (Imaginary Museum)” in '97, “Sho Ten (Rising)” in '99, “NUDE” in '02, and “Venus White” in '06. “KAODAMA,” in '08, presents his series of “kaodama” (face spirits), mystical and spiritual objects created using daruma from ancient times. Exhibited at the Mori Arts Center Gallery, and then at the Nara Yakushiji Temple. Autumn ’10, will see him mark the transition and celebrate the 25th anniversary of his artistic activities.

www.T-STONE.com